中古車の売却においては、走行距離が10万キロを超えているような

車を売るときは高く買い取ってもらいたいですよね。そんな時

車を売るときは高く買い取ってもらいたいですよね。



そんな時に気になるのが査定額です。これが高くなるポイントは、人気のあるタイプの車であるということです。なぜかというと、市場での人気が高い場合には、たとえ高値で買い取ったとしても買い手が見つかりやすく、たとえそう安くなくとも購入したいという声が上がりやすく、査定ではじき出される価格が高くなる場合が多いことが予想されます。

例として挙げられるものは、アルフォードやワゴンR、それに、フィットやハリアー等々です。
これらが人気のある車種の一部として挙げられます。もうそろそろ車を売ろうかな、となった時、カーセンサー業者で査定し、買い取り金額が確定して契約成立した後で値を下げるよう言われることもあるようです。ちょっと待ってください、詳細を調べると不具合があったため買取額を安くしてくださいと言われたとしても、応じなくてよいです。

不具合があることを分かっていたのに、契約時に隠していたというのならいけませんが、そうでないのなら減額に応じないようにするか、契約を撤回しましょう。中古車を買い取ってもらうときに必要となる事項を調べてみましょう。

売却したお金を振り込むための銀行口座と車検証と印鑑証明(発行後1か月以内の物を2通)等を用意しておきましょう。


取扱説明書やスペアキーもあると査定金額が上がる可能性もありますので、ちゃんと用意しましょう。